Renmei

千葉県のバレーボールクラブ

千葉県は、スポーツが盛んなことで知られています。その中でも特に人気があるのがバレーボールです。

千葉県には、様々なスポーツ公園などの施設がありますが、その中でバレーボールクラブを設立することにしたのも不思議ではありません。千葉県では、バレーボール部の施設が充実しており、県南地域のスポーツ振興やレクリエーション活動の拠点となっています。

バドミントン、バスケットボール、テニス、そしてもちろんバレーボールなど、様々なスポーツに適した広さを誇る公園です。千葉県立館山運動公園と、2020年のオリンピック・パラリンピックの会場となる幕張メッセコンベンションセンターの2つがあります。

バレーボールが大好きな県では、1998年にFivbバレーボールネーションズリーグと呼ばれる選手権も開催しています。素晴らしいスポーツ公園と施設を持つ千葉県は、理想的なバレーボールクラブを形成する上で優位に立っていると言えます。 

千葉県のバレーボールクラブ 

バレーボールとシッティングバレーの両方の素晴らしい主催として、スポーツシーンで名を馳せている千葉県にあるバレーボールクラブを知りましょう。具体的には、千葉エンジェルクロス、千葉パイレーツ、千葉ゼルバです。.

千葉エンジェルクロス 

2001年に柏エンゼルクロスとして創部。2003年にはV1リーグに昇格し、2018年にはVリーグディビジョン2への昇格を果たしている. 

2020年5月1日、チーム名を「千葉エンジェルクロス」に変更した。名前にある「エンジェル」は、選手が病院施設で介護に携わる人たちの姿を連想させた。そして、この「クロス」は天宣会のシンボルマークである十字架に由来している。これは、医療法人社団天宣会が所有するクラブであることに由来する。

千葉パイレーツ 

千葉パイレーツは、パラリンピックで連続して大活躍しているチームの一つです。このチームの得意とするところは、シッティングバレーボールを中心としたバレーボールです。

千葉パイレーツには、千葉ピーナツ、女子千葉レディースピーナツ、千葉レディースパイレーツといった兄弟姉妹チームもあります。

千葉ゼルダ 

千葉ゼルバは、2012年に結成されたバレーボールチームで、千葉県内各地から選手を募集し、選抜された現役選手の中からチームを結成します。 

20~21シーズンからVリーグ3部、V 3部に進出します。

他のバレーボールクラブ 

他に人気のある地元のバレーボールクラブは日出学園と順天堂大学のバレーボールチームです。

両クラブとも、選手のトレーニングや技術向上に自由に対応できるスポーツアリーナを誇る地元の学校に所属しています。