千葉バレーボール:バレーボール選手のトレーニングルーチン

アスリートとしてのプロとしてのキャリアを追求することは決して簡単なことではありません。あなたがバスケットボール選手であろうとラグビー選手であろうと、この分野で成功するには多くのトレーニングとスキルが必要です。見栄えが良く、ポイントを獲得するだけではありません。アスリートは正確であり、コートで彼らの専門知識を示すことができるはずです。 

だからこそ、千葉バレーボールは全国の選手を応援しています。日本ではトーナメントを開催し、選手向けのトレーニングを開催しています。今年の終わりに、これらの才能のあるアスリートは、彼らのスキルを競い、披露するために集まります。 

ただし、最初に厳しいトレーニングプログラムを受講する必要があります。以下のトレーニングルーチンを垣間見ることができます。 

健康的な食事と水分補給
まず第一に、プレーヤーが健康的に食事をし、トレーニングを実行するのに十分なエネルギーを得ることが非常に重要です。アスリートはサラダとプロテインシェイクしか食べないと考える人もいますが、それは真実からはほど遠いです。 

千葉にリストされているプレイヤーは、通常、1日3食を食べ、その間に少なくとも2つのスナックを食べます。彼らは体重を維持し、バレーボールをするのに十分なエネルギーを集めるために、あらゆる種類のタンパク質と炭水化物のオプションを食べます。 

アスリートはトレーニングや競技中にノンストップで汗をかくので、たくさんの水を飲むことも重要です。水分の喪失を補うために、水分をたくさん飲み、水分を補給することが重要です。 

ドリルと個別のエクササイズ
チームのエクササイズに進む前に、プレーヤーが個別に強いことも非常に重要です。セッター、ブロッカー、ヒッターのどれであるかを特定し、彼らと協力してスキルを強化します。 

これらは、ドリルと個別の演習の形で提供されます。プレーヤーは通常、ボールを打ったりブロックしたりするために1つずつネットに近づきます。このプロセスは、正しい形式と手法が達成されるまで繰り返されます。 

チームドリル
個々の演習が完了すると、チームは通常、グループ演習に進みます。これは、プレーヤーが仲間のチームメイトを信頼し、彼らと一緒に働く方法を学ぶ必要がある場所です。 

バレーボールのようなスポーツでは、ゲームに勝つためにチームワークと協力が必要です。プレーヤーは、チームメイトと何時間もトレーニングし、優位に立つための戦略を覚える必要があります。 

ランニングと筋力トレーニング
バレーボールのドリルと戦略の他に、筋力トレーニングも私たちにとって非常に重要です。これが、プレーヤーがジムでジョギングやエクササイズをして耐久性を向上させるためにも時間をかける理由です。バレーボールの試合は非常に疲れており、プレーヤーはコートでジャンプ、走り、飛び込み、あらゆる種類のことをしなければなりません。 

模擬大会
毎週の終わりに、ここ千葉バレーボールで模擬大会を開催しています。すべてのチームとプレーヤーは、参加して他の人と対戦することができます。これは、今後のトーナメントの練習走行と考えてください。一部のプレーヤーは、時間をかけて競技の範囲を限定します。 

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *