海球!COVID-19の中で高校バレーボールをサポート

日本では毎年夏になると、高校生なら誰もが楽しみにしている「高校総合体育祭」。しかし、今年はCOVID-19の流行により中止となってしまいました。最新のバレーボールニュースでは、流行の影響を受けた人々とポップカルチャーが共存している様子が見られます。

大会中止の影響を受けた学生選手たちを応援するために、人気アニメ「海球!」が応援の意向を示した。

アニメ作家の古舘春一氏が中心となって「海球!ユニフォームプロジェクト」を立ち上げ、全国の高校バレーボールチームに呼びかけを行いました。このイベントでは、宇都宮市総合体育館(ブレックスアリーナ宇都宮)にチームのユニフォームを送ることを各校に呼びかけました。

その結果、約165チームが海球!の要請に応じてくれました。その結果、全チームが同体育館に並べられ、写真撮影が行われました。この写真は、昨年8月24日の読売新聞朝刊全国版に掲載されました。

同写真は、「海球!」の最終章の宣伝材料としても使用されている。それとは別に、海球!の運営側からは、今、夢を叶えられない若い選手たちへの励ましの言葉をかけることにしました。飛んでいるヒナタのポスターには、『身につけた “筋肉 “は簡単には失われない』という言葉が書かれています。

ハイキュー!」とは?

古舘春一原作の漫画を原作とした人気スポーツアニメ。4シーズン、4本の映画、5本のOVA、そして多くのゲームで構成されており、日本で最も人気のあるシリーズの一つに成長しています。

実際、その人気はすでにアメリカにも及び、最初の3シーズンは英語で吹き替えられている。

プロット

物語は、日向翔陽という少年を中心に展開する。幼いながらもバレーボール界の「リトルジャイアント」になりたいと願う彼は、やがて学校のバレーボール部に入部することになる。部員が増えたこともあり、中学の大会に向けて出発した彼らは、”上層部の王様 “影山飛雄との出会いを果たす。

初めての敗戦を機に、リベンジのためにトップになりたいという気持ちが強くなっていた。しかし、高校に入学した翔陽は、影山と同じバレーボールチームでプレーすることになるという衝撃を受ける。

ご意見・ご感想

それは道に沿って多くの葛藤や挑戦を明らかにするので、人々は非常に物語で楽しまれていた。物語はスポーツの競争の側面を示していますが、それはまた、コートの内外で培われていた関係を明確に示しています。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *