東京オリンピック2020チーム・リュジン・ニッポンのメンバー

日本のバレーボール関連ニュースは、 COVID-19 のパンデミックが原因で、残念な一時停止になった。 オリンピックは 2021 年 7 月に開催される予定でしたが、 2020 年東京大会として認定される予定です。 また、チームドラゴンキングジャパンの昇る太陽の地を代表する選手のリストも一貫している。 中垣雄一監督が発表した名前は以下の通り。

登録メンバー

1 清水邦洋( OP )

2 大野寺大二 (MB)

3 藤井直信 (S)

4 大竹伊勢尾( OP )

5 福沢達也 ( オハイオ州 )

6 山内昭洋 (MB)

7 クハラつばさ (OH)

8 柳田昌弘( OH ) * キャプテン

9 深津英臣 (S)

10 古賀泰一郎 (L)

11 西田裕二( OP )

12 関田正博 ( S )

13 藤中ケニア (OH)

14 石川由紀 ( オハイオ州 )

15 Lee Bo ( MB )

16 高橋健太郎( MB )

17 大竹正樹 (S)

18 山本智弘 (L)

19 新井 , ユダイ(オハイオ州)

20 本間ルータ (L)

21 竹本祐太郎 (MB)

高梨健太( OH ) 22

23 樋口弘樹(オハイオ州)

24 富田真間 ( オハイオ州 )

佐藤俊一郎 (MB)

26 大塚辰信 ( オハイオ州 )

27 高橋愛( OH )

※ S :セッター、 L :リベロ、 OH :外部打者、 MB :ミドルブロッカー、 OP : 反対

「チームドラゴンキングニッポン 2020 」のリーダー兼教師になるための中垣一裕一の考察

今年のオリンピックの監督には、さまざまな種類のリーダーシップを持つことの重要性を認めています。 これにより、現在のチームにどのような哲学を適用するかを柔軟に選択できるようになります。 彼は常に「現在のチームと何をすべきか」を考え、結論に達しました。彼は、各メンバーを戦略的に位置付けておく必要があると考えています。 個々の長所と快適なゾーンが、自信を持ってバレーボールを楽しむのに役立つ。

中垣内氏は試合結果に関心を持っているだけではない。 彼は自分の世話をしているすべてのメンバーを注意深く見ている。 彼はその癖を知っている。 彼は、自分の強みをどのように発展させたり、弱みを克服したりするかから、個人の成長を監視します。 コーチとして、若い選手たちが改善の兆しを見せてくれたとき、彼は最も報われたと感じています。

チームドラゴンキングのコーチによると、優れたチームを構築するための最も重要な要素は「コミュニケーション」です。 これには、チームがどのようにしてチームと相互に対話するかが含まれます。 選手やコーチ以外にも、スタッフメンバーとのつながりもチームにとって重要です。 彼は彼が各プレーヤーおよび彼が取り組むべきであるものと彼の率直な意見を共有することを言う。 また、自分自身の改善やチームについて、他のプレーヤーと不良血の可能性を含め、自分の意見を共有することもできます。

中垣内氏は「理想的なチーム」のビジョンを持っていることを認めている。 彼はそれが 2 メートル以上高いメンバーから構成され、 1 メートルを跳ぶことができることを言う。 また、 130km/h でプレーできるプレーヤーが少なくとも 2 人いる必要があります しかし、これは不可能であり、これらの基準に基づくハンドピッキングプレイヤーは実用的でも健康でもないことは彼は知っています。 彼にとっては、すべてが利用可能なものを最大限に活用することになります。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *