日本は2020年の東京アスリートの入国を認める

他のどのような出来事もそうであるように-それが小さくても大きくても、ローカルでもグローバルでも(そして米国とイランの間の激しい熱気を忘れてはならない)-COVID-19だけが、それらをキャンセルするための最大の力を持っていた。延期だけが最も可能性の高い解決策として機能したのだ。2020年の東京夏季オリンピックについては、2021年の7月23日から8月8日に延期された。

この件に関しては、日本の2020年大会委員会は、外国人選手を国の厳しい渡航制限から免除することで合意した。3日以内にコロナウイルス検査で陰性が確認された選手は、渡航が許可される仕組みになっている。日本に到着した選手は、空港で速やかに再検査を受けることになる。

通常のオリンピック村は、彼らの動きのためのはるかに厳しいことに設定されている都市の周りを移動し、1 つのキャンプから別のものにジャンプなどが制限されます。彼らの健康対策の一環として、すべての選手は、委員会によって設定された専用車両を介して移動することが期待されます。もしかしたら、東京でも2020年のNBAバブル版が期待できるのではないでしょうか?その期間がNBAのそれよりも短いことだけ。

その他、罰金や基本ルールに違反する人への停止処分などの是正コードはまだ議論の余地があります。しかし、テニストーナメントとバスケットボールリーグの双方が合意しているという。

地域のスポーツリーグへの影響

オリンピック開催に伴い、国内トップリーグであるJリーグ(J1)のシーズン休止が決定したという。メイン会場の一つがオリンピックのサッカー大会のために設定されている。

J1とは異なり、バレーボールやバスケットボールなどの日本の競技であるVリーグやBリーグは継続される。また、10月の開幕戦に向けて外国人選手の入国を許可しているスポーツリーグの中では、最も早くから外国人選手の入国を許可しています。卓球、ラグビー、ゴルフのトップリーグもこの決定に従うことが期待されている。

共同通信によると、今回の決定は、2020年夏季オリンピックの数ヶ月前に選手(五輪のために登録された選手)を準備するためのものでもあると説明されている。

そうは言っても、バスケやバレーボールの外国人選手やコーチは、ビザの問題や在留資格の問題で入国に困っています。これはほとんどが最新の契約を結んでいる人に発生します。

日本バレーボールに関しては、今年10月17日にVリーグの開幕が予定されている。8月末時点で少なくとも40人の入国が許可されていないことが発表された。

男子バスケットボールのBリーグは10月2日に開幕。また、8月末時点で少なくとも75人の外国人(選手、コーチ、スタッフ)が入国できていなかった。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *