北海道研修再開、西田、経営契約締結

2019-20シーズン、 V リーグ第3部( V 3人)で3位につけたサファヴァ北海道は3ヵ月ぶりにトレーニングに復帰したと発表した。

コロナウイルスの発生により、すべてのゲームがキャンセルされる 2 週間前に、空いているスタジアムで V3 Men のスケジュールをすべて完了できました。 その後、チームは練習施設である北ガスアリーナ札幌 46 で予防措置を講じることができなかった。

今月初め、この競技場は開場したが、 100 人以下しか許されていないと発表された。 また、チームは、すべてのボールやその他の施設を事前に消毒して予防措置を講じました。

厳しい予防措置を講じても、数ヵ月後に再びバレーボールをすることができたことで、チームは喜びと興奮を表明した。 緊急事態の宣言が 5 月に解除されたが、 2020-21 シーズンの公式発表はまだありません。  

また、チームは、新しいメンバーのための選択プロセスは 6 月末までになると発表した一方、結果は 7 月に発表されます。

一方、現在 JTEKT Stings でプレーしている西田裕二は、夢の分野株式会社と契約を締結したと発表しました。これはアスリートのハンドリングを専門とする会社です。

また、トップパフォーマンスのアスリートとしてのキャリアを促進し、サポートすることも保証しています。 スポンサー販売を強化する計画の 1 つは、ケン・プランニング(ケン・グループ)と業務提携をすることです。

西田は、 2018 年に日本男子バレーボールチームで活躍した最年少選手の 1 人です。 実際、彼は FIVB バレーボール・男子国際連盟で、国内の代表チームと初めて国際デビューを果たしました。

また、イタリアとの11年ぶりに勝利を収めたスタープレーヤーの1人でもあった。 試合中、彼は21のスパイクと3のエースを使って合計24ポイントを獲得した。 また、アルゼンチン戦では、 FIVB バレーボール男子世界選手権で 30 ポイントを獲得した最年少選手にも選ばれました。

翌年、ブルガリアとの試合で1試合で7 ACE を突破して、サービス記録を更新した。

西田賞の受賞歴は以下の通りです:\

  • ゴールドメダル – アジア少年 U19 バレーボール選手権(ジュニアチーム) 2017 年
  • 2018 年の FIVB バレーボール・男子予選で、得点王の上位 4 人
  • ルーキーオブザイヤー – V リーグ 2018-19 シーズン
  • ベスト・セッター- V リーグ2018-19シーズン
  • 第3回ベストスコア: V リーグ2018-19シーズン
  • ブロンズメダル – アジア男子バレーボール選手権( 2019 年)(代表チーム)
  • 2019 年の予選ラウンド FIVB バレーボール男子国際連盟で、得点王のトップ 2 に選ばれました
  • 予選ラウンドでトップ 2 のベストサーバー – FIVB バレーボール・メンズ・ネイションズリーグ( 2019 年)
  • スパイカー のベスト反対 – FIVB ワールドカップ 2019 年

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *