元男子代表選手がビーチバレーに転向

越川優選手といえば、夏季オリンピックでJTサンダーズの4度目の優勝に向けて日本代表チームを率いたことで、男子V・プレミアリーグでの偉業をご存知の方も多いかもしれません。そして今、彼はビーチバレーの分野で別の道を歩んでいます。

東京オリンピック出場を目指す優選手は、インドアバレー全盛期と変わらぬ気概を持っています。この特集では、これまでのV・プレミアリーグでの活躍を紹介します。

彼の旅

長野県岡谷工業高校でプレーした後、サントリーサンバーズで6年間プレーした。その後、サントリーサンバーズで6年間プレーし、2002年には男子ナショナルチームのシニアチームにもスカウトされた。2002年には男子ナショナルチームのシニアチームにもスカウトされた。それまではナショナルチームでプレーしていた。

2003-2004年にはVリーグ優勝。また、ルーキーとして模範的な能力を発揮したことで「新人賞」の称号を得た。翌年には、同大会でも上位入賞を果たした。

2005年にはアジア選手権で「ベストスコアラー」、男子V.プレミアリーグで「ベストサーバー」、「ベスト6」を受賞した。

2005年から2008年まで、彼のチームはさらに3度の優勝を果たしている。2005-06年、彼らは準優勝の銀杯を持ってコートの外に出ていた。翌年、彼らはチャンピオンになりました。2007-08年には、彼のチームは3位の銅メダルを獲得していた。

また、アジアクラブ選手権では、2007年に5位、2008年には3位に入賞しています。

2009年には、パラヴォロ・パドバに移籍し、イタリアバレーボールリーグでプレー。2012年まで在籍。その後、サントリーサンバーズで2年間プレー。

サントリーバーズでは、2012年から2014年まで「ベストサーバー」を受賞し、2013年から2014年まで男子V.プレミアリーグで「ベスト6」のタイトルを獲得しました。2014年の第63回黒鷲大会でも同賞を受賞。

その後、JTサンダーズに移籍し、ビーチバレーに転向するまで在籍。1年目には、黒鷲全日本バレーボール選手権で銅メダルを獲得した。

また、男子ナショナルチームでの活躍も実を結びました。彼のチームは、2004年から2014年まで参加した世界リーグで20位以内に入っています。下の表は、世界の舞台での最高勝率を示しています。

男子ナショナルチーム シニアチーム メダルと順位(5位以上
イベント 授賞式
ワールドグランドチャンピオンズカップ 2005 第4位
アジア選手権 2005 金メダル
アジア競技大会 2006 第5位
アジア選手権 2007 銀メダル
アジア選手権 2013 第5位
アジア競技大会 2014年(仁川 銀メダル

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *