バレーボールの練習は、ウイルスのアウトブレイクのアミド非難

3月から6月まで練習を行っていたとされる中学校バレーボール部が炎上しています。

文部科学省が授業などの学校行事を中止していたことが指摘されています。3月24日に発表された文書では、児童や若年層への感染を防ぐために作成されていた。

しかし、都内の有名バレーボールクラブが体育館や公共の場内で練習を続けていたことが報じられている。試合での立ち位置が良く、観客の人気が高い可能性が高いことから、メンバーは空いている月に習い事を続けたかったのかもしれません。

未成年者は、クラブの顧問やコーチの許可と指導を受けて行動していました。また、3月、4月、5月、6月の3ヶ月間、1回の練習だけでなく、3時間のロングセッションを何度も行っていたという。

東洋経済が共有したニュースによると、3月もチーム顧問がジムを借りて活動を続けていたという。その後も公共の場所や河川敷付近で遊び続けていたという。

公園の所有者は、周辺で遊ぶ子供たちの姿も何度か目撃していたという。彼らは、子供たちのグループが、彼らを見守る大人たちの別のグループと一緒に到着したことに言及していた。

無責任な行為は、グループの行動を呼びかけていた。スポーツは密接な接触を避けることができない集団活動であるため、クラブのメンバーはウイルスに感染しやすい状況にあった。

コロナの譲渡について

2019年のコロナウイルスは、重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)を引き起こすウイルスの一族の株です。新しい株なので、まだワクチンはありません。

ワクチンがないことはさておき、このウイルスは無症状である可能性があります。つまり、感染している人を見たり、接したりしても、病気に見えない場合があるということです。しかし、これは適切な処置をすれば、あまりにも心配にならないはずです。

現在のウイルスについては、まだまだ研究が続いていますが、実証されている考え方や、ウイルスに感染しないための方法がいくつかあります。

感染者は、咳やくしゃみ、唾液などの唾液や飛沫を介してウイルスを移すことがあります。また、感染者が手で口の中を触ったときにも感染します。その手が家具や人に触れた場合は、他の人にウイルスを移す可能性があります。

しかし、定期的な衛生管理と良い習慣を身につけていれば、接触したかどうかに関わらず、ウイルスを体内に取り込まないようにすることができます。

  • 社会的距離を置くことを実践しましょう。
  • ウイルスが体に移るのを防ぐために、目や口、鼻に触れるのをやめましょう。
  • 石鹸と水で手を洗いましょう。
  • 外出先では、アルコールや消毒剤を使って手をきれいにしましょう。
  • 空間や持ち物を消毒しましょう。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *