Kako

2020年愛知大会への逆転

第10回全国6人制バレーボールリーグ総合男女選手権大会または愛知大会は、今年2月23日にトヨタ車体体育館で開催されました。

東京(1月25日と26日)と千葉(2月1日と2日)での一連の試合の後に行われました。ゼルバは、アイシン精機、君津製鐵所、トヨタ車体、フォーバルボンズ、東京海上で5つのチームに勝ちました。

千葉ゼルバは他のチームと向き合い、男子東部リーグのトップ地位に入り、準決勝で5試合のフルセットでジュワチームと戦いました。

千葉を拠点とするチームは、最初の2つの試合が16-25と25-27のスコアで勝利したことで勢いをつけました。ジュワは3番目と4番目のセットで25-14と25-19のスコアで勝ち取り、5番目のセットに向かいました。

ゼルバとジュワは最後のセットで首を並べており、一貫してお互いにポイントを失います。タイブレーカーの巻き返しの後には、千葉チームが15 -17で勝ちました。

その優秀さでゼルバの村松俊輔選手がBrave award(勇敢な賞)を受賞しました。橋本大海さんもブロック賞を受賞し、シリーズで2度目の受賞となりました。

コロナウイルス感染症のために最後の試合がキャンセルされる前に、これは元のイベントのスケジュールでした。

日付 イベント
1月25日&26日
  • 男子東部決勝リーグ(東京)
  • 男子西部決勝リーグ(愛知)
  • 女子決勝リーグ(愛媛大会)
2月1日&2日
  • 男子東部決勝リーグ(千葉大会)
  • 女子決勝リーグ(山梨大会)
2月8日&9日
  • 男子西部決勝リーグ(大阪大会)
  • 女子決勝リーグ(兵庫大会)
2月23日&24日
  • 男子東部決勝リーグ(愛知大会)
  • 女子決勝リーグ(熊本大会)
2月29、3月1日 (キャンセル済み)女子決勝リーグ(新潟大会)
3月7日 (キャンセル済み)グランドチャンピオンマッチ

 

選手、チームスタッフ、観客の安全を考えてキャンセルされる前に、ゼルバは元々グランドチャンピオンマッチに出場することを決めました。東部と西部のバレーボールチームの試合は別の日に行わなければなりません。

来年の春のトーナメントが今年も開催されることになり、千葉ゼルバの新しいラインナップが公式ウェブサイトで公開されました。彼らは、今年と来年に向けて、熱情する新しい選手に門戸を開くことさえ発表しました。

千葉のゼルバチームは、実際には自国の芝生で誇らしげに育つケヤキの木にちなんで名付けられました。数え切れないほどの試合に直面し、そのたびに頑丈さを維持した後、ゼルバは、名前が付けられたツリーのように、ファンとコミュニティが真剣に気に入る真のチームです。

バレーボールの試合が春のシーズンで開催されると、ゼルバがコートに足を踏み入れて、エースを求めて、次の勝利への道を歩む別の機会となります。